脱毛サロン・エステサロン・クリニックの脱毛&永久脱毛ナビ

脱毛&エステ辞典|意味・解説・・・「脱毛クリニック」とは

脱毛&エステサロン業界関連用語辞典|脱毛サロンやエステサロン、脱毛クリニック業界用語の意味を解説

脱毛&エステサロン用語辞典|総合目次へ

脱毛&エステサロン用語辞典|ア行へ脱毛&エステサロン用語辞典|カ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|サ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|タ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|ナ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|ハ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|マ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|ヤ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|ラ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|ワ行へ

脱毛クリニック

脱毛クリニックとは、脱毛を行っている医療機関のことです。

メディカルサロン、クリニカルサロンなどの表現を用いているケースもありますが、これらの表現は医療機関と何らかの提携を結んでいるエステサロンや脱毛サロンなどでも用いられる場合があります。

一方、「脱毛クリニック」は医療機関に限られ、脱毛クリニックの多くはレーザー脱毛や高性能IPL脱毛を行なっていますが、稀に電気脱毛を併せて行なっている医療機関などもあります。

施術については、医師が直接行っている脱毛クリニックはあまりなく、女性の開業医などが脱毛クリニックとして直接施術している場合はありますが、その場合も看護士等が施術にあたるケースが多いようです。

火傷などのリスクはさすがに低いようで、確かに火傷等の診断と薬の処方が医師によってなされることから、脱毛クリニックでの脱毛を勧める医療機関関係者やそれらに沿った論調が多いようですが、そもそも火傷自体が脱毛機器の取扱技術の問題や安全装置の有無による場合が多いため、医療機関だから絶対に安全・・・ということではないようです。

また、「高出力で脱毛出来るのは医療機関だけである」などとの論調も目立ちますが、医療機関であれば無条件で高出力による脱毛が可能であるわけではなく、脱毛クリニックやエステサロン等の分類を問わず、取扱技術や安全装置等の有無について問題があるならば火傷等のトラブルが生じる可能性が高いとの医師による指摘もあります。

つまり、脱毛クリニックも様々で、専門的な医療機関から単なる“アンチエステ”の場合等も見受けられるため、エステサロンの場合と同様に、脱毛クリニックを選ぶ場合も総合的な判断が求められます。

 

TOPへ